一緒に歩いていきましょう。まずは一歩

DAYTONA Sports ECM for Z34

以前はZ33をライトチューニングしながら乗っていて、今はZ34のフルノーマルに乗るオーナーさんが相談に来てくれました。

「一通り吸排気やECUに手を入れて、Z34を楽しみたい。希望としては街中やワインディングは普通で良いから、とにかく高速走行でスッと走りを楽しみたい」

と、リクエストを頂きました。
排気系統に関しては、以前乗っていたZ33型フェアレディZにはチタニウムマフラーを装着していて、とても気に入っていたと楽しそうに言ってありましたので、今回選ぶExhaustパーツは同じくチタニウム素材を使用して、音量をグッと抑えながらも確実にパワーアップできるamuse R1 TITAN RS-silent STTIをチョイスしました。口径が細い純正Yパイプからamuse フロントパイプへ同時装着して、とにもかくにも最大限の抜けを確保しつつも騒音は抑えながら絶対パワーを上げて行く。まさに高速道路が大好きなオーナーさんにはぴったりのアイテムです。

その他、補記類に関してもDAYTONA Sports ECMの装着でスピードリミッター解除や中高速が伸びるように燃料、点火、VTC、VVEL等MAPの書き換えに始まり、OKDのプラズマブースターやNGKイリジウムスパークプラグで点火の補助を行い、DAYTONA BIGスロットルや高効率乾式エアフィルターの装着で吸入吸気も最大限確保し、高速走行時の抵抗を低減します。

「とにかく踏んであげてくださいね。回転が上がるにつれ良い味を出してくれますから」

僕からオーナーへアドバイスした言葉です。

街乗りやチョットした軽い運転でしたら、いくらチタニウム製マフラーとは言えamuse RS-silentも本当に静かな分類のマフラーです。勿論この領域ではECUデーターも軽く触った程度です。
その薄く軽量な材質の特性を最大限に生かしてチタン特有の「パリッ♪」+「フォーン♪」と誰が聞いてもチタンマフラーだって響きが出てくるのが3,500rpm~かな?7,000rpmまでエンジン回転数を上げて行くと、もうそこは完全にパワーゾーンの真っ最中。力強く押し出され排出された排気ガスはホント、チューニングカーだなって音色に変わり速く、強く走り抜けて行きます。
ECUデーターも同じで、本領発揮は3,500rpm以上の中高速のストレート上に駆け抜ける伸びを重視してプログラムしています。

早速オーナーさんへ感想をお尋ねしてみましたが、結果としては僕がデーターを作る際に高速での力強さをを重視するあまり中速からのパワー向上を意識しすぎてしまって、結果低速がなくなったように感じさせてしまったようでした。このようなオーナーさんにしかわからない走り方とのバランスはご本人にしかわからない感覚で、例えて言うならゴールを探す旅の始まりで大変貴重なご意見を頂けました。実際には低速域でも確実にパワーは上がっているんですが、大事なのは「数字」ではなく「感覚」なんです。

今現在のデイトナでは全てのZ33、Z34、ver. nismo、nismo380RSのECUデーターの入力や学習、そして通常は日産ディーラーでしか行えない純正ECUのアップデート、通称「リプロ」と呼ばれる純正ECU本体のバージョンアップさえデイトナの店頭で行えます。
大事なのは好みに近くなるよう「すり合わせ」をしていくことですよ、とオーナーさんに提案させてもらいました。なんでも同じですが一度でバチッと決まると一番いいのですが、やはり全てはオーナーさんの考えや好みがあってのもの。
「少しでも希望に添えるようにデーターの見直しを行い、早速新しい基礎データーを造りましたのでいつでも来てくださいね」
と、本日電話を入れると
「おお~!そんなことまでしてくれるの?」
って少し驚かれた様子でしたが、このような対応が即出来るから今デイトナの存在意義があるわけだし、逆にフォローが出来ないなら「普通の部品取り付け屋さん」になってしまうわけです。

これはデイトナを使ってくださっている顧客さんたち全員にあてはまることですけど、最大限僕を活用して楽しいフェアレディLifeを送ってください。楽しみは∞にあります。上手に僕を使って、僕にお手伝いをさせてくださいね!
「やまもと」と二人三脚で一緒にまだ見えぬゴール地点までの旅を楽しみましょう。

2010年8月21日